08-16 Do You Remember?

第8部 Oi Wharf 

奥多摩から4日目


(16)Do You Remember ? ******************************************************1463文字くらい



「も、もう、ホント、心臓に悪いわ…。海坊主さんたら。」

香は、住宅街から幹線道路に抜ける時に、そう呟いた。



「あのタコ。なぁーに考えてんだか。」

海原戦の時に船から脱出した撩と海面で抱き合った後、

安堵の中、頭部の痛みと共に、

意識を失ってしまったことを思い出す香。



「…ぁの時と、…似てる。」



つい小声が溢れてしまった。

「あーん?」

「あ、ううん。何でもない……。」



香は、いくら教授宅通いで疲れていたとはいえ、

緊急事態でもそうでなくても、

このような事案にいちいち気を飛ばしていたら、

パートナーとしてあるまじき行動だと、

目を伏せ、膝の生地をきゅっと握った。



そんな香を撩は、ちらっと横目で見る。

「……おまぁ、まぁーた記憶がぶっ飛んでんじゃねぇだろうな?」

「は?」

香は突然の質問に、顔をあげて撩を見た。

前方を見つめたままの撩は続ける。

「前に気ぃ失った時、おまぁ、だぁーいじなコト、スコーンと忘れちまっただろ。」

「!!」

香の体がびくっとなる。

言わずもがな、それは、まさに今香が思い出していた、

あの戦いの前後のこと。



丁度信号でクーパーが止まる。

撩は、香の頭頂部を左手でくしゃりと掴み自分に向かせた。

鼻先が触れそうな距離だ。



「美樹ちゃんの結婚式の後のこと、ちゃんと覚えているよな?」



にやりとして真っすぐ香を見つめる。

香は、ボボボッと赤くなる。

撩は、ふっと笑い正面に向き直って、ハンドルに腕を戻した。

「大丈夫そうだなっ。」

香の返事を待たずに、

明るく自己解決した撩は、再びアクセルを踏んだ。



もし、本当にショックで気を失った香の記憶が欠けていたら、

今度は誤摩化す気などさらさらなかった。

今回は、そんな心配もないことに、とりあえず安心したが、

ファルコンの悪戯に、ここまで反応した、香とそしてミックや美樹にも苦笑する。

とにかく、クーパーの中ですぐに意識を取り戻してくれたが、

これがまた以前のように

3日間の昏睡とかいったら、シャレにならない。

あんな72時間は、もうごめんだ。

そんなことを考えながら、ハンドルを操る。



「撩、ここ血が出てる…。」

香は、頬の熱の余韻が残る中で、視界にTシャツに茶色いシミを見つけた。

発生源は撩の左の首の付け根。

2センチほど皮膚が裂け一部細いかさぶたになっていた。



「あー、ガラスが割れた時に破片が飛んだんだろ。気にすんな。」

「だめよ、手当しなきゃ!破片が残ってるかもしれないじゃないっ。」

「気にするなって。こんなの手当するまでもねぇって。

もう傷口乾いちゃってるしぃ。」

へろっとにやけ顔になった、撩はスピードをあげた。

「香ちゃんには、他のトコをケアしてもらうからねーん。」

「ほ、ほかのと…?」

最後まで言い切る前に、視界に入ったソレに、ボンッと沸騰した。



「ばかあああっ!運転中に、何元気になってんのよっっ!」



狭いクーパーの中で恥じらいハンマー100tが撩の頭上にヒット。

「あ、あの運転中にコレはないんでない…。」

マジックショーのように顔の位置が頭一つ分落ちた撩は、

すぐさま、ぽんと首を元に戻した。



「と、とにかくっ、

汚れが酷いからさっさと帰ってお風呂に入ってもらわないとっ。」

腕組みをして顔を真っ赤にしながら、

ソレを視界にいれないように、

きゅっと目を閉じて、怒ったふりをした。



「りょーかい。」

にやっと唇の端をあげながら、撩はハンドルを握り直す。

新宿に入った赤い車は、走り慣れた道で家路に向かった。


*********************************************
(17)につづく。






海原戦の後、3日間意識不明だった香。
その間の詳細は、原作では完全に省略されていますが、
教授宅で治療を受けながら、香の目覚めを待つ撩の心理、これまた妄想が膨らみます。
自分だったら、家族や親しい人が、3日も昏睡していたら、
もう二度と目覚めないかも、とか
あっちの世界に連れていかれるんじゃないかとか、
冷静な精神は、とてもじゃないけど保てないのではと。
香が寝ている間、撩はきっともんもんと色々考えていたことでしょう。
もしこのまま目覚めなかったらと、
船へ連れて行ったことを深く後悔し、
守れなかったこと、
槇村への詫び、伝えたい言葉を言わないままでいたことなどなどを、
かなりネガティブに自分を責めていた時間もあったかもしれません。
他に体の異状がないと診察されていたとはいえ、
少なからず香を失うかもしれない恐怖を味わっていたかもと。
目覚めたらとうするか、
もう、素直になるしかないかと、
ある程度は腹をくくっていた様子も
ファルコンやミックとのやりとりから伺えますが…。
まさに振り出しに戻るバージョンが待っていたとは、
撩もショックだったのかもね〜。
このあたりは「恋愛軌跡」の斉藤聖さんが、
TEXT14「悪い男」で、ジャストミートな原作穴埋めを書いて下さっています。
しかし、記憶が戻るまでちゃんと優しくしなかった撩にも、
やっぱり「お前が悪いっ」と言いたくなっちゃいますが、
これが原作撩のヘタレなところの象徴的な表れかもしれませんね。

【拍手御礼】
2012年10月8日に累計拍手4000パチパチになりました!
拍手ボタンをクリックして下さった
全ての皆様に御礼申し上げますっ。
明日10/9、本編のちょっと前に、
18:18で拍手企画?
ちょろり。さんプロデュースの
101クエスチョンをアップしたいと思います。
本当は、歯医者さんの続きを…と考えておりましたが、
間に合いませんでした〜。
3万HITまでには完成させたいと思います。
人様に目を通して頂くにはイタイところばかりですが、
日々のアクセス数に支えられております。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げますぅ〜(平伏っ)。
2012.10.08.21:26

スポンサーサイト
プロフィール

きまりも

Author:きまりも
since 2012.03.31.


5周年記念に
プロフ画像を貼ってみた。
十波ちゃん作。


中学高校時代に読んでいた
シティーハンターに
再燃しハマってしまいました。


ブログのタイトルは
ホトトギスの英名。
基本カオリストです。
丑年といえば年がばれるか?


9万hit記念に
とりあえず作ってみた
CH専用Twitter
 


拍手1000パチ記念につけちゃいました。



かなり便利なサーチツール

登録サイト最新情報はこちらをチェック!


試運転中…

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
現在の閲覧者数: