10-03 A Brown Hair (side Ryo)

第10部 A Holiday

奥多摩湖畔から5日目


(3)A Brown Hair (side Ryo)*******************************************************1150文字くらい



「……鼻、かよ。」

右の親指で、自分の鼻先をつと撫でた。



「まーたく…、捕まえそこなっちまったじゃねぇーか…。」

ふっと顔が緩む。

「たまには、『される』っつーのも悪かぁーないな…。」

本当は、スキをわざと作っておいて、

マウス・ツゥー・マウスを期待していたが、

香からの初めてのキスが鼻だとはなぁ。

素直に嬉しがっている自分が可笑しくて仕様がない。



一応歩けるようだな。

そういえば、あいつ時間を見ていかなかったな…。

もし、今の時間が何時なのかこの場で知っていたら、

また大騒ぎしていただろう。



今日は、休ませねば。

奥多摩から帰ってきてから、教授宅へ通い詰めで、

家のことも同時並行、

しかも俺らの仕事で、余計な神経を使っていたはずだから、

本人が気付かないところで、疲労がたまっているはずだ。



それを分かっていて、2発しちゃったもんなぁ。

俺って、何やってんだか…。

香が良すぎるんだよっ。

い、いやいや、これじゃ責任転嫁だ。

まぁ、今日は休業だ!

どうせ、また明日も教授んとこ行くし、

訓練も始めなきゃならんし、

とにかく今はあいつの疲労を増やしたくない……んだが、

夕べは、俺もネジがすっ飛んじまった。

まったく、中坊じゃあるまいし…。

はぁ〜。



お、この匂いは、チーズとトマトソースか。

あー、腹減ったっ。



仰向けのままベッドの上で伸びをする。

本来だったら、俺がメシを作るべきところなんだろうが、

お前の目覚めまで一緒にいたくて、

そのままベッドにいたら、動き損なっちまった。



片肘で頭を支えて、

ふと香が横になっていたところを見る。

枕に、茶色い短いクセっ毛が1本残っていた。

香の体の一部だったもの。

そっと左手でつまんで窓の光にかざす。

薄い赤茶色がゴールドに光った。



「……香。」



お前を女として抱いてしまい、表の世界に返せなくなった罪は、

どんなに詫びても足りやしないだろう。

今まで苦しめてきた長さも、言葉だけの謝罪では全く償えない。

ただ、お前が30になろうと、50になろうと、

しわくちゃのばぁちゃんになろうと、

共に生きていくと

心を決めた。



この髪が白くなっても、傍にいるのは自分でありたい。



くるくると指で髪をまわしながら、

珍しく感傷的になる。

彼女の細胞をゴミ箱に自分から捨てるのはやや抵抗があったので、

暫し迷って、よいしょとベッドボードに手をつき、窓を開け、

ふっと、一息当てて街吹く風に乗せた。



香とこうなる前にこんなことをしちまったら、

きっと飛んで行く髪が、

香が巣立ってしまうことと重ねてしまい、

余計にネガティブな思いになっていたかもしれないが、

今は違う。



共に生きる未来を風に托してってところか。



「俺って詩人てかぁ。」




俺は、窓は開けたままにして、

ゆっくりとベッドから降り、

香の気配がするキッチンへと向かった。


****************************************
(4)へつづく。





日々、アパートの掃除や管理をしているカオリン、
たぶん撩の髪の毛を折々に目にする機会があったと思いますが、
原作内では、どんな思いでそれを見ていたのか、
どのシチュエーションでも何だか切なくなります。
うーん、まだ香ちゃんバージョンは書けそうにないわぁ〜。
という訳で、先に撩ちんVer.を出してみました。

【事前お詫び】
月末、慌ただしくなりそうで、
表ブログの更新で一杯一杯になる予感。
こちらの更新は、いつも通り1919ですが、
もくじ及びつづきの反映が先送りになるかもしれません。
バタバタに区切りがつけられましたら、
すぐにリンク作業をしたいと思います。

スポンサーサイト
プロフィール

きまりも

Author:きまりも
since 2012.03.31.


5周年記念に
プロフ画像を貼ってみた。
十波ちゃん作。


中学高校時代に読んでいた
シティーハンターに
再燃しハマってしまいました。


ブログのタイトルは
ホトトギスの英名。
基本カオリストです。
丑年といえば年がばれるか?


9万hit記念に
とりあえず作ってみた
CH専用Twitter
 


拍手1000パチ記念につけちゃいました。



かなり便利なサーチツール

登録サイト最新情報はこちらをチェック!


試運転中…

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
現在の閲覧者数: