FC2ブログ

15-03 All The Firtst Time

第15部 Meaning Of Luck  

奥多摩から8日目


(3)All The First Time  **************************************************3143文字くらい



香は、

夕べの内に整えていた食材で食卓を準備していた。

玉子かけご飯に、焼き海苔に、市販の胡麻豆腐、

味噌汁、水菜のお浸し、漬物にフルーツ。




「これでよしっと。」



さてこれから、

撩を呼びに行ったほうがいいのか、

それとも起きてくるまで放っておいて、

ラップ付きの朝昼兼用にしたほうがいいか、

二択、三択を思い描いていた。



「うーん。」



さっきのことを考えると、

恥ずかし過ぎて顔を合わせられない。

頬を火照らせながら腕を組み、

右手を顎に添えて思案していると、

自分の背後で空気がゆらぐ気配がした。




「え?」



振り返ろうとしたと同時に、

がばりと大きな腕に包まれる。

「っきゃあああっ!」

「かーおりーん、まだまだ気配を読む訓練が足りないなぁ。」

「りょ、撩っ!」

香の左頬と撩の右頬が触れ合う。

撩も軽くシャワーを浴びて来たようで、

しっとりと髪が濡れている。

一気に血圧が高くなり、

香はパンサーカメレオンのレッドタイプのごとく

急激に変色した。



おもむろに顎を掬われ、

本日2度目のキスを肩越しに受けている。

「んんっ。」

ライトに唇だけを啄まれたが

その湿り気はまだ慣れない。

「おはよ。」

ちゅぽんと離れると、

撩はニヤニヤと見下ろしながら香を見つめた。




「ぅ…ぁ、…ぉ、ぉ、は、…よ。」




真っ赤な顔に潤んだ目で、

しどろもどろに出てくる返事に吹き出したくなってしまう。

「撩ちゃん、さっきもおはよって言ったけど覚えてる?」

「へ?」

「覚えてねぇーな。」



くすりと笑うと香の髪の毛を離れ際にくしゃりと掻き回し、

席につきながら続けた。

「さっきの慌て様は、なかなか見事だったしなぁ〜。」

頬杖をついていたずらっ子の表情で香を見つめる。



種馬のセリフに、

香はさらに赤くなって、耳から激しく蒸気が出始めた。

「おまぁ、ハヂメテの時よりもパニクってただろ?」

賄い担当のパートナー、

もう口を鯉のようにパクパクするだけで、声が出ない。

後ずさりして、シンクの端に腰がドンと当たる。



「いやさ、俺だってちゃーんと抜いて

 後始末したほうがいっかて思ってたんだけどな、

 おまぁがきゅうーって吸い付いて離さないもんだから、

 まぁいっか、ってそんまんま寝ちゃったワケよ。」

もっこり虫は平然とそんなことを言いながら、

卵をぱかっと割り、

小鉢でしゃかしゃかと混ぜ合わせた。

「あ、味噌汁頼むわ。」

視線を香にむけると、

焦点が合わない赤い顔のまま、

へなへなと床に座り込んでいる。




「おいおい、なぁーに脱力してんだよ。」




撩は、くすくすと笑いながら席を立ち、

ガステーブルに置かれている鍋の中の味噌汁を

2人分注(つ)いだ。

ことりと椀をテーブルに置くと、

香の腕を掴んで立ち上がらせる。



「ほれ、メシにしよーぜ。」

抱き上げて、

腕の中で目を合わせさせる。

顔には恥ずかしいという文字が書いてあるかのように、

全面に毛細血管が浮き出ている。



「すげー、気持ちよかった。撩ちゃん、人生初体験しちゃったっ♡」

おちゃらけ口調で正直に言ってみた。

目を見開いた香の瞳孔と虹彩に自分が映り込む。



「は、…はつ?」



信じられないという表情に、ちょっとチクリときた。

香が、自分にされていることが

他の女にも施されていると思い込んでいることが

直通で伝わってくる。



「そっ。初めてっ。入れっぱなしで寝ちまったのは。」

「……………。」

香の目元の涙腺から溢れるものがちらりと光った。

「この前、言っただろぉ。

 俺だって初めて尽くしなのっ!

 キスマーク付けたのもお前が初めて。

 一緒にそのまま寝ちまったのも、

 おまぁが初めて。

 それにバタフライキスもエスキモーキスも
 
 お初だって話しただろ?」



まばたきをしないままで、

香の目の端から玉の粒が零れてつと頬を伝った。

「もひとつ言うとバージンもナマも初めてっ♡」

ここでようやくミニハンマーが顎にヒットした。

「ぐわっ!」

「……もうっ!」



香は照れくささで一杯一杯になり、

シャツを掴んで撩の胸に顔を埋めた。

撩の気持ちよかったという言葉に救われる。

それだけでなく、

撩自身も初めてのことばかりであることも、

こんな形で告白され、

どうしようもなく嬉しさが込み上げて来た。

入れ替わるように、

恥ずかしさが急速に縮小していく。




「……また、そのまま寝ちまっていい?」





撩が香を抱き込みながら耳元でそう小さく囁いた。

かぁと体温が上がった香だが、目をきゅっと閉じて、

しばしの沈黙の後、

わずかに顔を縦に動かした。

もしかしたら、

また恥じらいハンマーが飛ぶかと思っていたが、

可愛い肯定の仕方に、

撩はニヤっとすると、

がばっと香の肩を持って向き合い、

またちゅうっと紅唇に吸い付きポンと離した。

「んっ…。」

これで本日3度目。



「よし、じゃあメシにしよう!

 今日は午後に護身術を教えてやる。

 さっさと食って、用事片付けちまって、準備しとけ。」

まだ火照っている香は、

今日の予定の宣言にやや驚く。

「え?護身…?!」



香から離れた撩は、

丼に盛られた白米の上に溶き卵をかけて行く。

「ほれ、おまぁも早く座って食えよ。」

醤油をかけまわし味を整えたら、

さっそく焼き海苔でくるんで頬張っている。

「ぁ…、うん。」

体温がまだ元に戻らないまま

おずおずと席につき、

箸を持って手を合わせた。

「…ぃ、ぃただき、ます。」

自分もちゃかちゃかと照れを残しながら、

生たまごをかき混ぜる。



食事をかき込みながら、

撩がまた話し始めた。

「あー、おまぁ、伝言板見に行くの、車で行くぞ。」

「は?なんで?」

「途中で顔見知りに会ったりすると、

 何言われっか分かったもんじゃねぇ。」

「…ぁ、…そう言えば、

 夕べそんなこと言ってたわね。」

「おまぁが妊娠したっていう話しまで流れているからな。」

「ぶっ!ごほっ!ごほっ!」

香は力一杯むせ返る。




「はぁああ?な、な、ななな、なんでぇ?!」

「知るかっ!俺が聞きたい!」

さっき引きかけた顔の赤さがまた復活した。

「つぅーワケで、出る時は声かけろ。」

「あ、…ぅん。分かった…。」

まだ涙目で胸を押さえる。



確かに、

表を歩かないほうがいいような気がしてきた。

食事をしながら、

今日の動きをおおまかにイメージする。

この後、食器を洗って、

洗濯物を干して、第2弾の洗濯機をまわして、

ベッドのシーツを取り替えて、

昼ご飯の準備をして、伝言板見に行って、

食事をして、撩の訓練受けて、

夕食作って、お風呂入って…。




「今日も、あっという間に過ぎちゃいそう…。」

「いいんでない。そんだけ充実してるっつーことだろ。」

「内容によるわ。仕事で充実してればいいんだけどねぇー。」

「撩ちゃんとの夜の営みもじゅ」

ここで中型恥じらいハンマーが飛ぶ。

「ぐへっ!」

「黙って食え。」

「は、はひ…。」




青筋を立てつつも顔を赤らめる香。

撩も、

そんな香が愛らしくて目の端でその表情を楽しむも、

とりあえず

さっさと食事を終わらせることにした。





「ごっそさん。リビングにいるわ。」

そう言って、

素早く朝食を片付けた撩は

新聞を持ってキッチンを出て行った。



今日も、

綺麗に残さず食べてくれた。

一度だけ、

一線を越えてからの夕食のとき、「うまい」と言ってくれた。

それだけで十分。

憎まれ口をききながらも、

今までも自分が作る料理を

全て残さず食べてくれている。

きっとそれが、

捻くれた撩の表現の一つ。

そんなことを考えながら、

香も食事を終える。



「ごちそうさま…。」



立ち上がって、

2人分の食器をシンクに運ぶ。

同時にヤカンに火をかけ、

湧かしている間に食器を洗う。

「護身術か…。」

これまで撩が素手で闘う姿を何度も見て来ている。

初めて出会った時も、

銃を持った7人の男たちを

ものの十数秒で片付けてしまった。

見よう見真似で、

自主的に体を動かしたことが何度かあるが、

いまいちコツが掴めない。

撩からの訓練に、

一体どんな内容が待っているのか、

やや不安になりながらも、

パートナーとして、

ちゃんと教えられたことを身につけなければと、

一息吸い込んで士気を高める。



食器を洗い終わると

同時にヤカンがなり出す。

いつも通りの手際でコーヒーを整えた。

ミルで挽くのはもう日常。

トレーに1つだけカップを載せて

リビングに運んだ。



****************************************
(4)へつづく。





というワケで、撩ちゃんもハヂメて尽くし。
たぶん1991年頃はまだ、
卵かけごはん専用の醤油は店頭になかったと思いますが、
いつごろから出始めたんかいな。
→調べてみた。2000年代に入ってからとのことらしい〜。

【直しました〜】
Sさん、ここの煎れるも変えました〜。
ご連絡感謝です!
2014.01.18.00:40


若干改稿〜。
2019.08.05.13:50

スポンサーサイト



プロフィール

きまりも

Author:きまりも
since 2012.03.31.


5周年記念に
プロフ画像を貼ってみた。
十波ちゃん作。


中学高校時代に読んでいた
シティーハンターに
再燃しハマってしまいました。


ブログのタイトルは
ホトトギスの英名。
基本カオリストです。
丑年といえば年がばれるか?


9万hit記念に
とりあえず作ってみた
CH専用Twitter
記念日に鍵をちょこっと
開ける予定。
 


かなり便利なサーチツール

登録サイト最新情報はこちらをチェック!



試運転中…

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
現在の閲覧者数: