FC2ブログ

15-05 Worry

第15部 Meaning Of Luck  

奥多摩から8日目


(5)Worry  **************************************************************1533文字くらい



夕べ羽織っていた薄手の掛け布団を洗い終え、

ランドリーバスケットに入っている他の衣類を

入れ替わりに洗濯槽に詰め、

スイッチをくっと押す。




「早く干さなきゃ。」



布団を抱え再度リビングに入る香。

一番最初に目に入ったのは、

ガラステーブルの上にある

カラになったコーヒーカップ。

飲んだ本人は、

さっきと同じスタイルで

新聞を被り仰向けになっている。

そんな姿に、

どこかほっとした香は、

そのまま声をかけずに

リビングの窓を開けベランダに出た。

いつものように慣れた手つきで、

素早く掛け布団を広げばさりと手すりに干す。

今日は曇り。

午後いっぱい干さないと

多分乾きそうにない気温と湿度。




撩と一緒に寝るようになってから、

寝具の洗濯の回数が必然的に多くなった。

そうスペアもある訳でないから、

何か対策を打たないと困ったことになりそうだと、

顔を赤らめながら考えを巡らす。

新しく予備を買うか、

以前デパートの赤ちゃん用品売り場でちらっと見た

防水の敷きパッドのようなものを買うか、

バスタオルを常に敷くようにするか、

どんな方法がベストか見当もつかない。



こんなことを考えなければならなくなるとは、

全く思ってもみなかったので、

この悩みを

誰に相談したらいいかも分からない。




「美樹さんに聞く訳にはいかないし…。」




ベランダでぼそりと呟かれた香の独り言に、

撩の耳がぴくりと動く。

頬を赤らめたまま

小さく溜め息をつきながらリビングに戻る香を、

新聞の隙間からちらりと見る撩。

表情と干しているものと呟きの内容で、

瞬時に香の悩みが分かってしまった。

パタンと扉を閉める後ろ姿を見送る。

またクスクスと肩を揺らして声を出さずに

つい笑ってしまう。




(確かに悩むだろうなぁー。)



しかし、

もし本当にこのまま香がキャッツに相談しに行ったら、

えらいことになりそうだと、

ファルコンからも

からかわれる未来がポポンと浮かぶ。

ここは自分がフォローしてやるほうが無難だろうと、

また作戦を練ることにした。



しばらくしたら、

7階から掃除機の音が聞こえてきた。

「よく働くこと。」

被っていた新聞をパサリとガラステーブルにたたんで投げ、

よっと上体を起こした。

カラのカップを手に持ち、

のっそりとリビングを出る。

廊下を進みキッチンに寄って、

カップをシンクに入れたところで、

そのまま離れようかと一瞬思ったが、

体の向きを変え、キュッと蛇口をひねった。

以前だったら

そのままテーブルの上に放置か、

ここまで持ってきても洗おうとは思わなかったが、

変われば変わるもので、

今の心境は 「まぁこれくらいはしとくか」 と

素直に行動に移せるようになっている。



( 柄じゃあねぇーけどなぁ。 )



そう考えながら、

洗い終わり、カゴにカップを入れて、

キッチンをがに股で出て行く。



そのまま進行方向は地下。

玄関を出れば階段をのんびり降りて行く。

目的地の射撃場に入ると、

奥のオペレーションルームから、

おもむろに簡易グローブと縄跳びを選び出した。



「まずはこれ、か…。」



射撃場のブースを横目に出て行こうと

照明のスイッチを押しかけたが

ふと立ち止まる。

違和感を覚え振り返ると、

隣の探偵事務所に繋がる地下トンネルに

小さな張り紙がしてあった。

「なんだぁ?」

歩み寄ると

麗香からの伝言だった。



『撩、おめでと♡

 くやしいけど、幸せにね!

 このトンネルの件なんだけど、

 知り合いの業者に頼んで塞ごうか検討中なの。

 だけど、お互いの商売柄、

 逃げ道としての有効利用もできると思うから、

 現状維持か、ドアをつけるか、

 隠し扉にするか、完全に塞ぐか、

 相談させてちょーだい。  麗香』



いつ書かれたか分からないが、

つい最近であることは間違いない。

一昨日、

大井埠頭で使った武器をしまった時には、

確かなかったはず。

ふっと目が細くなった。

そう言えば奥多摩以来姿を見ていない。



「ちょっと寄ってくるか。」



射撃ブースに縄跳びとグローブを置き、

撩はトンネルをくぐって行った。


*********************
(6)につづく。





寝具の洗濯大変だろうな〜。
麗香のメモの中の業者っていうのは、
当然裏専属の業者ってことで。
じゃないと困るだろ。

【ちょっくら改稿】
もう直しが多い〜。
ホント過去投稿は見返せば見返すほど、
情けなし〜。
2018.12.05.08:21


スポンサーサイト



プロフィール

きまりも

Author:きまりも
since 2012.03.31.


5周年記念に
プロフ画像を貼ってみた。
十波ちゃん作。


中学高校時代に読んでいた
シティーハンターに
再燃しハマってしまいました。


ブログのタイトルは
ホトトギスの英名。
基本カオリストです。
丑年といえば年がばれるか?


9万hit記念に
とりあえず作ってみた
CH専用Twitter
記念日に鍵をちょこっと
開ける予定。
 


かなり便利なサーチツール

登録サイト最新情報はこちらをチェック!



試運転中…

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
現在の閲覧者数: