29-09 A Public Telephone Booth

第29部 Calm Day?

奥多摩湖畔から15日目 


(9)A Public Telephone Booth  *********************************** 1718文字くらい




「お昼はサンドイッチでいい?」

「あー、まかせるわ。」



1階駐車場にクーパーを入れた後、

車外に出た2人は、まずランチの相談をする。

階段に向かうところで、ふいに撩が足を止めた。

「あ、俺、地下寄ってから上がるわ。」

「うん、分かった。先行ってる。」

特に何の用だと確認しなくてもいいかと、

香もそのまま何の疑問も持たずに5階の玄関を目指した。

その背中をちらりと見やり、

相棒の気配が遠のいたのを確認したところで、

撩は、再びアパートから外に出る。

目指すは一番近い公衆電話。

大通り沿いに比較的便利な位置で設置されているそれは、

固定電話からでは都合が悪い時に

ちょくちょくと利用している。



狭い空間に体半分だけ入れて、

折りたたみ式のガラス戸は半開きに。

ごそごそと二つ折りの財布から

どこぞのバーの開店3周年記念に押し付けられた

テレホンカードを取り出して、

指定の位置に差し込めば、

記憶している番号をちゃっちゃと押してみる。

すぐに相手につながると、

簡単に用件だけ伝えて、

その表情は若干すまなそうに眉が少しだけ下がる。

「手間かけて悪いな。」

そう言えば、受話器の向こうの相手は繰り返し気にするなと、

明るい口調で返してきた。

「じゃ、下で待っててくれ。あとは打ち合わせ通りっつーことで。」

意味深な会話を終えて、

受話器をカシャンとフックにかけると、

ふっとわずかに唇の片端だけが上に動いた。

ピーピーピーと高い電子音は、

カードを引き抜けばピタリと黙る。



「さてと…。」



電話ボックスから、のそりと体を出せば、

進路は家路と、ジャケットのポケットに両手を突っ込んで、

一見、だらしなさそうに歩く。

そのくせ、異変に対して

常にチューナーを合わせている鋭い五感はもちろん健在で、

とりあえずは、周囲に何も問題なしと、

アパートへ向かった。



エントランスまで戻って来た撩。

ちらりと6階ベランダを見上げるも、

香はきっと昼食の準備をしているはずと、

自分の出入りを見られていないことを確信してから、

駐車場に入り、階段を昇って行った。

気配を消さずして我が家に戻れば

相方の気配が明確に読み取れる。



「やっぱキッチンか。」



撩は、そのままリビングの扉を開けると、

ソファーにどさりと腰を降ろした。

今度は、長辺側にごろんと仰向けになり、

このところ夜の巡回数が少ないことを思い起こす。

真面目に見回ったのは、確か1週間前。



「今晩あたり、またちょっと行ってくっかな…。」



足を組んで、後頭部に組んだ指を滑り込ませ、

はぁと一息つく。

目を閉じて、午後の動きをイメージしてみた。

ランチ後はともかく、

本当は、夕食→入浴→すぐに仲良しタイムに持っていきたい。

その方が、ゆっくりいちゃつけるし、

香の翌日の負担も軽減される(かもしれない)。

しかし、折々の縄張り内パトロールも重要な仕事の一つ。

香を守るためにも、おろそかにするワケにはいかない。

顔馴染みのカワイ子ちゃんがいる店でのバカ騒ぎも悪くはないが、

香と過ごす時間と比較すれば、

どちらを体と脳が欲しているか、考えるまでもない。




「……まだ、連れて歩くのは、…ダメだ、な。」




香に面通しさせておいたほうがいい情報屋もいる。

緊急避難場所としての、裏の顔のある店も教えておいたほうがいいだろう。

各所に隠してある¨道具¨についてもまた

共有情報にしておきたい。

しかし、まだ早い。

夜の新宿を2人で出歩いたところで、

順調に目的地へ到着させてもらえないのは明確なこと。

5メートル歩くごとに野次馬に呼び止められるに決まっている。



「んー…、まぁ、来月、かな?」



一気に全部こなすワケにはいかないので、

まずは、少し落ち着くであろう日取りを選んで

12月に一部ご案内という日程を組み立て中。



「ま、少しづつな…。」



とりあえず、今日は一つ実験を試みる予定がある。

「お手並み、拝見ってか…。」

撩は、目を閉じたまま、

くいっと左腕を伸ばせば、

ソファーのコーナーの裏に指先を差し込んだ。

引っ張り出したのは、カモフラージュ用の愛読書。

それをばさりと顔に被せれば、

また壁の向こうで感じる心地よい気配をまどろみに重ねて、

しばしの休息タイムをとることにした。


********************
(10)につづく。







公衆電話、最近はホント使わなくなりました。
私が学生の頃は、
まだ財布にテレカが複数枚入っているのは普通でしたが、
今は滅多に使うこともなく…。
公衆電話そのものも撤去されまくっているので、
この先どうなるのかしら〜と。
テレカの生き物系デザインだけは、使用未使用に限らずキープ中。
シテハンのテレカもオークション各種出ていますね〜。
全部欲しくなる〜(金ないのに…)。
http://auctions.search.yahoo.co.jp/search/(シティーハンター)テレホンカード/0/

【直しました!】
訂正入れました!ご連絡感謝!
2014.01.13.20:52

スポンサーサイト
プロフィール

きまりも

Author:きまりも
since 2012.03.31.


5周年記念に
プロフ画像を貼ってみた。
十波ちゃん作。


中学高校時代に読んでいた
シティーハンターに
再燃しハマってしまいました。


ブログのタイトルは
ホトトギスの英名。
基本カオリストです。
丑年といえば年がばれるか?


9万hit記念に
とりあえず作ってみた
CH専用Twitter
 


拍手1000パチ記念につけちゃいました。



かなり便利なサーチツール

登録サイト最新情報はこちらをチェック!


試運転中…

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
現在の閲覧者数: