29-28 Accounting

第29部 Calm Day?

奥多摩湖畔から15日目



(28) Accounting *************************************************************** 2156文字くらい



「で、この合計が…と。」



留守番中の香は、

クリーム色のセパレートパジャマ姿で

オレンジ色のカーディガンを羽織り、

キッチンで電卓をパチパチと打っていた。

テーブルの上には、昨日の買い物のレシートに、

手帳、家計簿、裏帳簿が卓上に並べられている。




撩が出て行った後の香は、せわしない主婦タイム。

食器を片付け、明日の朝食の下ごしらえ、米研ぎ、

燃えるゴミの収集と梱包、

トイレのタオルや台拭きを回収し洗い物に回し、

ボックスティッシュやトイレットペーパーの補充と、

こまごまとしたハウスマネージメントをしていたら、

あっという間に9時のニュースは終わりかけ。



その後、訓練の一つとして課せられている縄跳びタイムも

少し欲張って3セット、

ついでにと筋肉痛も少し和らいできたので、

柔軟体操で心地よく汗をかいてしまった。

ふぅと一息ついて、ゆっくりと入浴。

ナイティーに着替えて歯を磨き

肌にいつも通り必要最低限の保湿を施し、

髪の毛を乾かしたところで、

そう言えばと、家事のし忘れを思い出す。

体が冷えないように一枚羽織って、

白木のテーブルで帳簿をつけ始めたのは、

日付けが変わる少し前。



「えーと、これって何を買ったんだったっけ?」



自分の手帳に “ 100×2 ” と走り書きがある。

2日前の記録。

「あ!そうだった!」

日光に行く時に立ち寄ったサービスエリアで

自販機を利用した時のメモ。

食料品の項目に200円を追記する。

レシートの記録が残りにくい自販機利用は、

記憶よりも記録が頼り。

それでなくても、

法に触れるものを買わなければならない冴羽家は

取引が痕に残る購買方法をすることが殆どないので、

殆どが口頭情報での確認。

オモテに出せない裏帳簿も、

一体どこまで撩の言ったことが本当なのやらと、

香は頬杖をついてふうと一息吐き出した。



「あとは…っと、美樹さんのところの撩のツケ…、ん?」



香は、顎に指を添えて目だけが上に向いた。

「そういえば、海坊主さん、ツケの分は引いてあるって言ってなかったっけ?」

山の訓練の前日、

鍵を受け取った撩はそのまま準備に出かけ、

香はファルコンと一緒に教授宅からアパートに戻って来た。

その道中の車内で言われたことを思い出す。

撩のツケとその他物損の請求を差し引いた額が777万円。



「ということは、この支払いのページは全部返済ってこと?

ラッキー!よかったぁー!」

キャッツに関するページの行を指で確認しながら、

完済のチェックを入れていく。

「ん?でも、待って?

これ撩がツケ増やしたり、あたしを怒らせるようなことしなきゃ、

引かれることはなかったってことよね。」

指が止まった。

「う…、ラッキーじゃない、かも。」

結局は同じじゃないかと、

単純に舞い上がった自分にため息をつく。

「ま、いっか。支払いする手間が一つはぶけたってことで。」

「おまぁ、なぁーにブツブツヒトリゴト言ってんの?」

「わわっ!び、びっくりした!」

びくっと腕が動いたとたんに、

脇に置いてあった電卓が床に落ちてしまう。

コンッバタタタッと、

角から接地した板状の金属の物体が跳ねた音と、

香の驚きの声が重なった。




閉めていたはずのダイニングキッチンの扉は開き、

戸枠に寄りかかってこっちを見ている撩。

ひとしきり複数箇所を回って戻って来た。

「お、おかえり!は、早かったわね、まだ12時前よ?」

いつもなら、夜出回った撩が帰宅するのは、

2時、3時、4時、5時、明け方とふざけた時間帯が定番のはず。

「夜、訓練するっつーただろ?」

「へ?」

両手をジャケットのポケットに突っ込んだまま、

にやっとしながら、

香が昼のやりとりをすっかり忘れていることを確認する。

「え?あれ?すぐ寝れる準備してろって言ってなかったっけ?」

出かける前に撩が言い残した文言だけ思い出す香。

「見事に忘れてんな。まぁ問題なし。

ボクちゃん風呂入ってくっから、それまでにそいつを片付けとけよ〜。」

ふふんとご機嫌に鼻歌まじりで浴室に向かった撩。

唐突の帰宅にまだ展開が掴めない香。



「く、訓練?」



ハッキリ言って自分はもう入浴も済ませ、パジャマに着替え歯も磨き、

この帳簿を区切りのいいところで作業を終わらせれば

指示通り “ すぐに寝られる状態 ” にある。

しかし、これから訓練とか言っている話しは一体なんなのかと、

昼間何を言われたか記憶をたぐろうとするも、

かすみとの目隠しゲームの前のやりとりが思い出せない。



「ワケわかんない。」



寝る準備しろ、訓練するぞ、と相反する指示を同時に受け、

相方が何を考えての台詞なのか全く理解ができない。

電卓を拾い上げ、壊れていないか液晶をチェックする。

「よかった、割れてなくて。」

ピピ、ピ、ピピピと手早く必要な項目の合計金額を計算すれば、

きゅっとボールペンで数字を書き込んで、

一応作業が一段落。

「よし、終わった。」

手帳と帳簿と電卓をきれいに重ねてテーブルの端に置くと、

んーっと背伸びをしながら香は立ち上がった。

0時からのニュースでも少し見てから寝ようかなと、

まずはシンクに立って、桶にたまっていた水を流し、

軽くすすいで縦置きにする。



「もう水がずいぶん冷たいわ…。」



そう言いながら、

かけている手ふきで

自分の指先の水気を拭っていたところで、

いきなり視界が真っ暗になってしまった。


******************************************
(29)につづく。





停電はありませんので〜。
23-06で、
車内でツケ完済の話しをするファルコンの台詞が出てきます。
自販機100円時代は、
この頃がギリギリ?


ーーーーー時事連絡ーーーーー
リンクノート追記につきまして
現在4件様の情報を頂いておりますが、
なかなか集中してご挨拶と作業に集中できず、
バナー貼り付けも滞ったままになっております(><)。
今暫くお待ち頂ければと思います。


ーーーー時事生き物ネターーーー
地元でエゴノキの花がもう場所によっては
終わりかけ。
咲き始めも、ピークも、散りかけも、
一通り香りを嗅いでみましたが、
やっぱり、かなり近付かないと
この花の匂いは感じないのよ…。
風に漂ってというのは、どうも納得いかんわ〜。
もうAHにあんな使われ方しちゃったもんだから、
お陰で、エゴノキの印象が
ネガティブになモノになっちゃったわよさ。
誰か塗り替えてくれー。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わー、今回は4ヶ所修正!
ご連絡ありがとうございましたっ!
もう赤ペン先生方のお力がないと、
やっていけませんわ〜。
[2014.05.26.23:32]

スポンサーサイト
プロフィール

きまりも

Author:きまりも
since 2012.03.31.


5周年記念に
プロフ画像を貼ってみた。
十波ちゃん作。


中学高校時代に読んでいた
シティーハンターに
再燃しハマってしまいました。


ブログのタイトルは
ホトトギスの英名。
基本カオリストです。
丑年といえば年がばれるか?


9万hit記念に
とりあえず作ってみた
CH専用Twitter
 


拍手1000パチ記念につけちゃいました。



かなり便利なサーチツール

登録サイト最新情報はこちらをチェック!


試運転中…

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
現在の閲覧者数: